房総シェルティー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Akko! Akko!

<<   作成日時 : 2012/04/03 14:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さてさて。
フィギュアスケートのシーズンを締めくくる世界選手権。
無事に終了しました。

日本のスケート界にとっては、
史上初のペアのメダル獲得、
男子のW台乗りと素晴らしい結果が続きましたが、
個人的に一番嬉しかったのは、
あっこちゃんの銅メダル


台乗り&誕生日、おめでとう!!!!!!


ファンとして何より嬉しかったのは、
会場と一体となって、
華やかな舞踏会を繰り広げてくれたことです。
あのコストナーさんの演技の後でそれができるのは、
やはりタダモノではありません。
というか、会場で生で見た人、羨まし過ぎ!

今季のあっこちゃん、何が違うって、
ジャンプがカッコイイ。
話題の3T−3Tもそうですが、
私が好きなのは、
フリー最初の3Lzとその次の2A−3T。
3Lzは、曲の中で「あそこ」しかない絶妙な位置だし、
2A−3Tは、「ビューン」って感じの豪快なジャンプ。
失礼ながら、とても27歳に思えません。
「身体の回復も若いときのようにはいかない(本人談)」中で、
ここまでジャンプを磨いてきたというのは
本当に凄いことだと思います。

あっこちゃんらしいというか
後半のルッツに課題も残ったことですし、
来季のプログラムが今から楽しみです。

そしてもう一つ。
仙台人として嬉しいのは
羽生クンの渾身の演技

今回の世界選手権を通じて、
一番のスターは羽生クンだったのではないでしょうか?
特にフリーでは、
会場全体をぐいぐい引きこんでいました。
まさに心を揺さぶる魂の演技。
万雷の拍手の中で、
張り詰めた緊張が解けて
涙に変わる瞬間、
私も思わず涙を流していました。

彼の渾身の演技と、
それに送られた万雷の拍手は、
被災地、特に仙台に縁のある多くの人を、
どれほど勇気づけたことでしょう!!
私もまたその一人です。

彼と同郷であることを誇りに思います。


さて、私も頑張って
アイスショーのチケット代貯めなきゃ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Akko! Akko! 房総シェルティー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる